--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.08
Tue
こんばんは!まっちゃんです。
もうすぐ今年も終わりですね。
ところで皆さん、僕たちは今、今年は何年?などは自分で覚えたりカレンダーを見たりして認識していますが、もしそういうものがなかったら1年1年を知る方法って無いと思いませんか?
今日木の年輪を見ながら専務とそんな話をしてました(^_^;)

木には年輪というものがあって1年で成長するごとに線が入っています。そして、その年輪が木目になって出てきます。1年の成長が大きいと年輪の感覚は広く小さいと狭くなります。木はすべて同じように成長するわけではないので、気候や種類など、それぞれの木の成長具合によって年輪の間隔は広くなったり狭くなったりします。
一般にはより年輪の間隔が狭くビッシリ詰まっているほうがよい木とされているようです。

そこでとっても年輪の詰まった木を発見しました!

IMG_3199.jpg

右はよくあるくらいの年輪のブナの木です。左はタモですが、年輪の数は大体同じです。45年物くらいです。
育った年数は同じなのにこんなに大きさに差が出るんですね(~o~)


IMG_3204.jpg

上に置いてあるのはさっきと同じブナの木で下にあるのが、タモですが、ド~ンと増えて116年物!!いやぁここまでくると歴史を考えてしまいます。

そしてこれ!(^^)!

IMG_3210.jpg

右の四角は同じブナの木で、左のはなんと134年物でした!まっちゃん、数えましたよ~。
これは一番新しい年輪を今年だとすると、この木は幕末を生きた木です!
しるしをしてますが、ここ①のところで、坂本龍馬が活躍していたくらいです。近藤勇など新撰組もいた頃です!
ここ②の辺が、あの廃藩置県が行われた時くらいです!福岡県とか言われだしたころですね!
そしてここ③番はなんと!!まっちゃんが生まれた頃になります。 
この木の年輪の下のほうは詰まりすぎて見えないくらいになっています。上にくると年輪の間隔が広がっているのがわかります。地球が温暖化して暖かくなって成長が早まったのでしょうか。
すごいですね~。この板1枚に歴史を感じます。
坂本龍馬がいた頃にこの木はどこかに植わっていたんですよ(゜o゜)

それだけ、木というものはどんどん成長していくものではないし、ポンと捨ててしまうような木片でも何十年という月日がたってようやく出来た木ですので、大切に使っていきたいものです。
そういう意味でも今、あの不揃いの玉などを作って「大事な木を有効に使っていく」ということをしています。

このような年輪ブロック、欲しい方がいらっしゃいましたら差し上げますということです(^^♪
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://teak34.blog26.fc2.com/tb.php/83-6a854c25
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。