--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.26
Tue
皆さん、お疲れ様です。まっちゃんです。
この間、珍しくチークの丸太を製材してましたのでちょっと写真を撮らしてもらいました。
早田材木店は名前のとおり材木屋なので丸太の製材も行っております。という話は前にしたかな?

この「チーク」という木ですが、これは言わずと知れた世界三大銘木の一つで超高級木材だそうです。
その知名度と高級さかニセモノも出回っているらしいですが、うちのチークは本場のビルマ(ミャンマー)から仕入れた天然もの一級品でございます(^o^)
同じチークでも人工林天然林とでは天然の方が品質は良く、また産地によって品質が変わるみたいです。ビルマは雨季と乾季がはっきりしており、こういう土地で育ったチークは品質がいいそうです。
性質は、反ったり割れたりというのが少なく水にも強いそうです。木材の欠点の部分に強い性能のいい木なんだなぁ。。

それでは製材の様子です。

006.jpg

結構太い丸太でした。割れなども少なく綺麗だと言ってました。

019.jpg

こんな感じです。木目がぎっしり詰まっていてすごいですねぇ~!!
色が緑っぽいところや茶色があったりとまだらになってますが、これは切ったときに見られるもので時間が経つと茶色の均一な感じになります。

表面を触ってみるとオイルが塗ってあるような感触です☆僕が初めて触った時は製材機の油が付いているのかと思ったくらい。が、違いました。チークが油分を持っているようです。

また、材木博士でチーク博士でもある成井さんに面白い話があるか聞いてみますヽ(^o^)丿

関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://teak34.blog26.fc2.com/tb.php/47-fb4dcb7d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。