--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.21
Tue
もうそろそろ子供たちの夏休みが終わる。
そうすると次は体育祭の季節ですね!え?気が早いって?い~んです!今日たまたま体育祭の話になったんで。
色々な体育祭があると思いますがみなさん印象に残った体育祭はありますか?

僕は、中学に入ったばかりの初体育祭で兄貴がもの凄い顔でリレーを走っていたことかな。印象に残っているのは。


木材について調べてみたらこんなデータがあるようです。

「木材は鉄よい強い!!」ストローング!!

一口に木材と鉄といっても、木材は種類や木目、方向などそれぞれ違うだろうし、鉄のことはよくわかりませんが鉄にも色々あると思います。

しかし!木材の縦方向の引張強度。これは、針葉樹1700 - 2800kgf/cm2、広葉樹1600 - 2600kgf/cm2という値が出ていて鉄の400 - 1300 kgf/cm2を上回る結果だったというのです!!

以前に専務からチラッと教えてもらったことがありふと思い出して調べてみました。

いやぁこれは、すごいデータですね!「縦方向の引張強度」という限定はありますが鉄より木の方が強いなんて誰が考えるでしょう!えぇ~うそ~。と思いがちですが、嘘ではございません。


やっぱり、はるか昔からず~っと使われているのには理由があるということではないでしょうか。







スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
11.30
Wed
もう12月だと言うのに異常な暖かさですね。

朝の天気予報を見ると最高気温が北海道は0℃、福岡は23℃!?

こんなに差があっていいのかぃ!?とビックリたまげました(*_*) いいのかぃ?お天とサン。


今日、“こま”(クリ)の材料を準備しました!

IMG_0039.jpg

すべて木、本来の色そのままです。これだけカラフルなのを一度に見ることはあまりないので思わずパシャっとしてしまいました。

黄色い木は珍しいでしょ~♪


フラッシュ!!
IMG_0038.jpg





comment 0 trackback 0
06.09
Thu
「日本の宝」
それは古き良き日本人の心。仁義、人情や敬意、いろいろあると思います。しかし、それだけではありませぬ。
今注目の日本の宝はそれこそ日本にしかない「」でござる!

この杉についていろいろ研究しているところの発表興味深いものがありました。

0b9c936979c1db279937-LL.jpg

この杉の丸太でわかるように中心に近い部分が赤くなっています。この部分を赤身といいます。
赤身は水分が抜けにくく会社でも専務が杉を乾燥させている時にこの赤身に悩まされている姿をよく見かけます(^_^;)
匂いが強くここから出る匂いや水分にいろいろな良い効果があるらしいのです。

まず、杉から出る甘いような匂いは脳や自律神経に直接作用し、リラックス効果があることが証明されているそうです。
この研究所が試しに総赤身の床を貼った部屋に生活したり、枕元に杉のチップを置いて生活してもらったところ、
眠りが深い。
よく眠れ、翌朝スッキリした。
便などの排泄が促進された。
いびきをかかなくなった。
勃起が硬くなった。
など男女問わず効果が得られたようです。

水分が入っているほうが良いようなので乾燥前の生の板が良さそうですね!
僕も実験してみようかな^m^





comment 0 trackback 1
05.23
Mon
こんばんは。最近、草食系だとか肉食系だとか流行っていますよね。
そのことについてちょっと真剣に考えてみました。
周りにガッツリ女性を追っかける友人がいるので、それを思うと僕は肉食系ではないだろう。
かといって草食系でもないと思う。周りからそう見えても絶対草食系とは認めたくない。
ん~・・・だとしたら僕は一体何なんだ!!
ん~……と考えて閃きました☆
そうだ!雑食系だ!!!

こんばんは。まつーだです。

今日は専務から聞いてへぇ~と感銘を受けた正倉院と杉についてちょっと調べてみました。

まず、おそらくいちばん身近だと思います杉についてですが、
杉の木は日本にしかない固有種で一種一属の木だそうです。学名も「クリプトメリアジャポニカ(Cryptomeria japonica)」としっかりジャポニカ(ラテン語で日本の~)と入っています。
近年、もっとも注目を浴びている木材だと僕は思います。

かの正倉院はヒノキで作られているそうです。校倉作りで。
しかし何故、正倉院と杉なのかと言うとそれは、最近の研究で正倉院の宝物の素晴らしい保存状態に杉が一役かっていたことが判明。したのだそうです!

125889371338716105033_IMG_2649.jpg

つづく・・・





comment 0 trackback 0
05.12
Thu
今日はおもしろい話を仕入れました☆

それは、木の年輪の間隔、いわゆる木目には「1/fのゆらぎ」というものが存在するということです。
年輪の間隔は一見すると規則的のように思えますが、自然のものなのでやはりバラツキがあります。
自然界の音・光・風などはすべてゆらいでいるらしく均一ということは無いそうです。
機械的に均一に作られたものには無いバラツキ、連続するもののズレ、これがゆらぎ\(◎o◎)/!

e0174926_111298.jpg

そしてゆらぎの中でも「1/fのゆらぎ」は人の感覚を刺激し、心地よさと活力を生むそうです。なぜかというと、人間の呼吸や心拍などが「1/fのゆらぎ」になっていてこれらは共鳴するからだそうです。
木目の線の太さ・幅・色が均一ではない。これが「1/fのゆらぎ」となっているそうです。
すごいですねぇ~自然の神秘ですねぇ~~。

これは自然が、誰にでも何にでもズレやバラツキはある。気楽にいこうぜ!と言っているような感じがするのは僕だけでしょうか(^_^;)こんなこと言うと「お前は気楽過ぎや!ちっとは気を引き締めろ!」と上司の怒声が飛んできそうです(+o+)
うぃ~、まずいなぁ~、やばいなぁ~、怒声が…、やばいかなぁ~、まずいかなぁ~)僕の心も「1/fのゆらぎ」でゆらいでおります。。。



comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。